シャフト王がお届けするリニアシャフト・スライドシャフトのYSK

メニュー

HOME  会社案内 沿革

株式会社YSK 沿革

沿革

1966年6月山口裕嘉 個人経営にて泉製作所設立。
1970年4月山口富三 個人経営にて阪奈高周波工業所設立。
1973年7月泉製作所と阪奈高周波と合併。山三工業(株)として発足、法人登記。資本金200万円
1973年12月八尾市山賀町6丁目53番地に移転。
1983年12月熱処理部と精機部を設置。
1984年8月精機部を八尾市泉町1丁目17番地に移転。スライドシャフトの製造販売に着手。
1985年6月精機部を山三工業(株)本社として登記。資本金800万円熱処理部を(株)ヤマサンとして発足。
1989年6月 NTN指定工場に認定される。
1990年8月 資本金3,200万円で九州工場・営業所の開設。 現場作業の女性スタッフの採用。
1991年9月 印刷機械用精密シャフトに着手。
1991年12月 九州工場増設。
1992年4月 門型マシニングセンタの購入。スライドシャフト用高周波焼入装置(横型機6m)の開発。
1996年3月 厚生棟の新設。
1997年6月 山三工業(株)から(株)YSKコーポレーションに社名変更。
1998年3月 東京営業所を開設。
2000年12月 九州工場がISO9002を取得。
2001年6月 大阪 ・ 九州 ・ 東京からネットワークで生産状況を管理できるシステムを導入。
2004年1月 名古屋営業所を開設。
2004年1月 (株)ワイエスケイコーポレーションから(株)YSKに社名変更。
2004年1月 本社工場が ISO9001を取得。
2004年10月 九州第二工場が完成。5面加工機を導入。
2006年5月 長尺ワーク専用マシニングセンタ(SVC)を導入。
2006年8月 複合CNC旋盤(INTEGREX30-IV)を導入。
2008年6月 福島営業所 ・ 工場の開設。
2009年8月 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律第4条第1項の規定に基づく特定研究開発等計画の認定企業となる。
2009年8月 平成21年度戦略的基盤技術高度化支援事業(平成21年度補正予算事業)採択
2012年3月 九州工場がISO14000を取得
2013年3月 全社ISO14001を取得
2013年6月 タイ・プラーチーンブリーに工場進出。 タイ・バンコクに営業所開設。
2014年9月 加熱処理方法及び加熱処理装置の特許取得
躍進・真剣・感謝
ページのトップへ戻る